Topics

エアコン室外機、給水ポンプ騒音の特徴とその対策方法

エアコン室外機、給水ポンプ騒音の特徴とその対策方法

エアコン室外機/給水ポンプ騒音の特徴

給水ポンプによる騒音は、ポンプの近くに居住者がいる小規模の集合住宅・マンションなどで問題になるケースが多く、ポンプ室が居住部と接しないようにできるだけ離し、騒音防止を設計時から配慮することが必要です。また、エアコンの室外機についても同様に多くの苦情が寄せられています。
エアコン室外機騒音については、夏場(冷房)の時だけ、あるいは冬場(暖房)の時だけ発生する、あるいはひどくなるなどの季節性がみられる特徴もあります。
 室内では、窓を閉め切っているため音はあまり気にならないかもしれませんが、暑い季節には、窓を明け放して就寝される方も多く、使用者の責任として、取り付け業者任せにせず、近隣の迷惑にならないよう、十分に検討してください。
 これら2つの騒音発生源は場合によっては普通騒音ではなく、低周波音として現れる場合があります。どちらも一度設置してしまうと対策が難しいのが特徴です。

どのようにエアコン室外機や給水ポンプ騒音に対応するべきか

 定期的に保守点検する
 早朝や夜間遅い時間の使用はできるだけ控える
 遮音版や防音カバーを設置する
 設置架台に防振ゴムを取り付ける
 異常があればすぐに対処し、修理を行う。
 修理不能な場合は低騒音型に取り換える
 危機を近隣への影響が少ない場所に移設する。

代表的なエアコン室外機、給水ポンプ騒音に対する相談/苦情内容

もっとも代表的な苦情は下記のようなものです。
「隣の家の、水をくみ上げるポンプのモーター音が大きくうるさい。夜中も作動していて、睡眠不足になってしまった。」

エアコン室外機/給水ポンプ騒音の実例


関連記事