騒音のもたらす様々な悪影響

騒音は様々な悪影響を与えますが、大別すると以下の4つに分類することが出来ます。
騒音のもたらす悪影響一覧 騒音のもたらす様々な悪影響

1.生理的影響

生理的影響とは人間の人体に対する影響の事です。代表的なものとして「聴力障害」と「睡眠妨害」が挙げられます。人間は加齢とともに聴力は低下しますが、高い騒音レベルに晒されることによって聴覚損失(障害)に陥ることがあります。聴覚損失には爆発音や発砲音のような大きな音によって一時的に聴力が下がるものと、長年騒音に晒されることによって永久に聴力が下がってしまう永久成長力損失の2種類があります。製造現場や建築現場、あるいはパチンコ店等で働く人たちにおいて発生しやすい聴力損失です。
「睡眠妨害」についてはさらに「寝つき」「眠りの深さ(睡眠深度)」の両方に影響を与えます。騒音に晒された環境での睡眠は睡眠深度が低く、場合によって日常生活に影響を生じることが分かっています。ちなみに睡眠に影響を与えない騒音レベルは30dbとされています。

2.心理的影響

生理的影響がないとしても(つまり騒音レベルが高くないにしても)人間は騒音によって心理的なストレスを受けることがあります。例えば集合住宅居住者が一度隣人の「咳払い」の音が気になり始めると、その音が小さいとしても気になってしまい、不眠あるいは精神的な疾病に陥ってしまうこともあります。

3.活動妨害

騒音の活動妨害とは、行おうとする何らかの活動に対して騒音が邪魔をする(ネガティブに働く)作用の事を指します。活動妨害はさらに仕事、読書などに対する「作業妨害」と会話や電話などの聞き取りを号外する聴取妨害の二つに大別されます。

4.社会的影響

工場の近く、道路沿い、飛行場付近など、騒音レベルの高い地域は騒音があることによって土地の資産価値が合下がることがあります。集合住宅の一部では発生している騒音レベルによって価格が異なる例もあるようです。
このような騒音の与える影響を社会的影響と呼んでいます。


低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

その他のコンテンツ

リンク

リンク

問い合わせリンク