Topics

ノイズキャンセリングヘッドフォンでは生活騒音対策はできない??

最近「ノイズキャンセリングヘッドフォン」と呼ばれる、ノイズを除去してくれるヘッドフォンが発売されています。このヘッドフォンは従来型の耳栓やイヤーマフとは異なり、デジタル的に騒音(ノイズ)を軽減しています。この「ノイズキャンセリング機能」で騒音対策を行うことは可能でしょうか。結論から言えば「対策出来る騒音とできない騒音」があります。

そもそもノイズキャンセリングヘッドフォンは、ノイズを測定し、このノイズを打ち消す方向の「音を出す」ことによって、ノイズの影響を軽減しているものです。ここで重要なのは、ノイズを測定し、軽減するための音を出すまでの間にディレイ(遅れ)があることです。

すなわち、たとえば電車の運転音や扇風機の風きり音など「定常的に」発生している騒音については軽減することが得意ですが、物の落下音や人の話し声などをはじめとして、ほとんどの非定常的な音については、ノイズキャンセルが間に合わず、あまり騒音は軽減されないのです。

一方耳栓やイヤーマフはほぼすべての音に対して有効ですので、どのようなグッズで騒音対策を行うかは、お悩みの騒音の質によって使い分けることが望まれます。


関連記事