Topics

楽器演奏(音楽)騒音の特徴とその対策方法

楽器演奏(音楽)騒音の特徴とその対策方法

楽器演奏(音楽)騒音の特徴

騒音の中で、ピアノなどの楽器の音を規制するのは難しいものです。弾いている人にとっては心地よい音でも別の人には騒音となってしまう場合もあります。しかし、防音対策をとらず夜遅くまで引くのは、近所の人にとって受忍限度を超えているものと考えられます。

どのように楽器騒音に対策するべきか

 防音カーテン、防振マットや厚手のじゅうたんなどで室内の吸音率を上げる。
 窓を二重サッシにして、演奏するときは窓や扉を閉める
 楽器を使う部屋を近所と一番離れている部屋にする。
 音量を調整できるものは音量を下げ、演奏するときはヘッドホンを使う。
 深夜や早朝などは遠慮するなど演奏時間に配慮する
 毎日、長時間演奏する必要がある場合あ、防音カプセルなどの本格的な防音工事をする。

代表的な楽器演奏騒音に関する相談/苦情内容

もっとも代表的な苦情は下記のようなものです。

「隣の家で、楽器を夜遅くまで鳴らしている音が大きくて、非常に迷惑している。防音対策をしてほしい」

小型の防音室も選択肢に

部屋で楽器を演奏する際の防音対策の選択肢の一つとして、近年では部屋全体を防音室にするのではなく、部屋の中に防音室を作るような商品も注目されています。


関連記事