マンション・アパートにおける騒音問題

騒音測定のご依頼・ご相談いただいた案件を統計的に分析したところ、騒音測定のご相談の約7割はマンション(分譲・賃貸)やアパートなどの集合住宅にお住まい(あるいは管理組合・会社の方)からのものでした。
近隣の住民とある程度距離がある一戸建てと比較して集合住宅においてはその構造にもよりますが騒音の問題が発生しやすいことが浮き彫りとなっています。ご相談者の多くは騒音の発生によってストレスがたまり、ノイローゼ状態に陥り、不眠の症状を訴える方も少なくありません。

騒音相談の区分別割合 マンション・アパートの騒音測定

 

マンション・アパートでは上階からの騒音が多い

以下のグラフはマンションやアパートにおける騒音発生源を分析したものです。騒音発生源の約半分は上の階からの騒音発生でした。次に多いのが横や隣の部屋からの騒音で次いで外部からの騒音、最も少ないのが下の階からの騒音です。
鉄筋RC構造のマンションの場合は上の階からの騒音が多く、木造アパートなど壁の薄い傾向のある集合住宅においては横や隣の部屋からの騒音が多い傾向があります。上の階の床材がフローリングの場合はモノが落ちる音などが響きやすくなります。また外部からの騒音は低層の集合住宅において騒音に悩まれている方が多い傾向があります。

マンション・アパートにおける騒音発生源 マンション・アパートの騒音測定

 

 

 

集合住宅における騒音の測定事例

上階からの騒音測定

・トイレやシンクなどのウォーターハンマー騒音を測定したい
・子供の歩く音、足音
・若者や学生の飲み会やパーティなど多人数の足音
・エアロバイクなどの運動器具からの騒音
・スリッパをはいて歩くパタパタという音
・掃除機をかける音
・フローリングにものが落ちる音
・ユニットバスの水を流す音
・ボールで遊ぶ音
・正体不明のドンドンという音
・ドアの開閉音
・エレキギターを弾く音
・洗濯機の音
・水が流れる音

隣の部屋からの騒音測定

・エアコン室外機の騒音
・子供のドタバタアルク音
・音楽をステレオで大音量で聞いている
・喘ぎ声
・赤ちゃんの泣き声
・ミシンの音
・布団たたきの音
・犬の鳴き声
・ベランダでの物干し音、布団をたたく音
・咳の音
・喘ぎ声
・電話の話し声
・笑い声
・テレビの音
・飲み会・宴会などのさわぎ声
・目覚まし時計のベルの音
・グランドピアノを弾く音
・ドライヤーの音
・パソコンを使用する音
・壁をドンとたたく音(いやがらせ)

下階からの騒音測定

・エアコン等の家電の騒音
・ウーハー等の重低音
・日曜大工の音、トンカチやドリルの音
・ミシンをかける音
・ゲストルームなど共用スペースからの音

部屋の外部からの騒音測定

・近隣の居酒屋からのさわぎ声
・カラオケ店からの騒音
・工事現場からの騒音
・スポーツ施設からの騒音
・近隣住民の給湯器・室外機(エコキュート・エコウィル等)からの低周波音

マンション・アパートにおける騒音の対策

殆どの騒音は不注意によるものですが明らかに故意に騒音を発生させているいやがらせも少なくありません。集合住宅における騒音の対策方法はいくつかの方法がありますが、引っ越すにせよ、防音工事をするにせよ非常に多くの費用が発生します。耳栓をするなどして我慢して過ごしている方もいますが、騒音問題解決の最良の方法は、騒音主に騒音の発生をやめさせることです。しかしながら多くの場合近隣トラブルになることを恐れて直接言えないあるいは、言ったとしても「証拠が無い」と言われてしまうケースが多いようです。最近ではマンション騒音に関する裁判も少なくありません。騒音が発生している証拠を押さえることによって損害賠償金を勝ち取った判例も多くなってきました。当社ではまずは騒音を測定することで証拠を確保し、感情的にならずに問題を解決する方法をお勧めしています。以下が騒音問題解決までの流れですが、多くの方は裁判まで考えていても実際には書面によって証拠を突きつけることで騒音問題を解決しています。

騒音問題解決の流れ マンション・アパートの騒音測定

 

誤解騒音の場合も騒音測定が有効

騒音の相談の中にはご自身が被害者であるというだけでなく、身に覚えがないのに騒音の苦情を言われて困っているというものもあります。「下の階の住人から毎日騒音がうるさいと言われるがその時間は家にすらいなかった」といったものです。こういったケースにおいては逆に自分の部屋からは騒音が発生していないことを、騒音を測定することで客観的に証明することで濡れ衣や勘違いに対して説明することで解決が望めます。


低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

その他のコンテンツ

リンク

リンク

問い合わせリンク