お知らせ

騒音調査トップ

騒音調査の必要性

 現在大変多くの方(個人/法人/団体様)が騒音問題に悩まれています。騒音問題を解決するためには第一に、発生している騒音を調査し、どのような性質の騒音が問題となっているのかを明らかにすることが必要となります。
 当社は騒音調査の専門家として、騒音に悩まれている方々の問題解決を支援させていただいております。

騒音問題の現状

 環境省の調べによると平成22年度の騒音に関する苦情件数(地方公共団体が受理した苦情件数)はなんと15,849件にも及びます。また、あるアンケート調査によるとアパートやマンションなどの集合住宅に住まわれている住民の45%は「上階の音に関して不満」という結果が明らかになっています。
 このように現在大変多くの方が騒音に悩まれているのです。(>>騒音に関する統計) また、一般生活者だけでなく、「付近住民から騒音の苦情」など法人や事業者にとっても騒音は悩みの種になっています。

解決しない騒音トラブル

 一方このような騒音に関する問題はなかなか解決が難しいのが現状の様です。解決が難しい原因は主に下記のような理由によるものです。
        
  • 音は人によって感じ方が異なる(ある人にとっては不快でも別の人には心地よいなど)。
  • 騒音主からの仕返しや関係悪化が怖くて苦情が言えない。
  • 管理人や警察に言っても対応してくれない。
  • 騒音主から「証拠がない」と言われてしまう。
  • (法人・事業者の場合)実際には騒音を発生させていないにもかかわらず苦情を言われる
 昨今騒音の発生を忠告したことに対して「逆切れ」し殺人に至るような事件もたびたびニュースになります(>トラブル事件簿)。仕返しに合わないにせよ忠告してから些細なことを逆に注意されるようになった、関係がギクシャクするようになったなど、感情的に直接注意することはあまり良い結果を生まない傾向があるようです。また管理人(大家さん)や警察などの第三者に対応してもらうという方法がありますが、多くの場合良い対応はしてもらえないようです。
 本人に忠告するにせよ、管理人や警察に相談するにせよ、多くの場合「証拠がない」と言われてしまうことも多いようです。現行犯(今まさに騒音が発生している)であれば忠告もしやすいですが、現行犯でなければ「そんなことしていない」と言われてしまえば問題がうやむやになってしまいます。 このような事態を避けるためには、すなわち騒音問題を解決するためには発生している騒音を測定・計測することによって「明確な証拠」を手に入れなくてはならないのです。

騒音調査なら当社にお任せください

 当社では騒音調査サービスによって上記の様に騒音に悩まれている方の問題解決をお手伝いさせていただいております。
 当社のサービスは、騒音の計測・測定支援、及び解析によって発生している騒音を明らかにするとともに、客観的な証拠となる解析報告書を作成・送付させていただきますので、第三者へ協力を仰ぐ際、また匿名で騒音の発生を警告する際にお役立て頂くことが可能です(>>騒音調査サービスの詳細)。 騒音にお悩みの方は是非当社にご相談ください。
低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

リンク

リンク

ポジティブオフ

問い合わせリンク

その他のコンテンツ