騒音値の測定を依頼する場合最も気になるのが「費用」ではないでしょうか。一般的な騒音計測業者では簡易的な騒音測定が15万~というのが相場です。そんな中当社は長時間の計測・騒音の解析・報告書の作成を合わせて¥49,800(税抜)という低価格を実現しました。

格安料金の秘密

通常騒音測定サービスの費用の大半は人件費と利益で構成されています。当社が格安料金を実現できるのは「スケールメリット」「広告費の抑制」「人件費の抑制」によるものです。

スケールメリット(アイドリングタイムの削減)

当社のホームページは「騒音調査」というキーワードで検索すると、ありがたいことに最も上位に表示されます。つまり、当社のホームページはより多くの方に閲覧頂き、またお問い合わせ・ご依頼も多くいただいております。多くの方にご依頼いただくことによって調査員や分析担当者のアイドリングタイム(業務にあたっていない時間)を削減することが出来、これによって間接的に人件費の無駄を削減することが可能となっています。

広告費の削減

一般的に調査測定業者はインターネット広告によって集客しますが、当社は上記の通り他の測定業者と比較して上位に表示されています。したがってインターネット上で広告を打つ必要がありません。つまり他社と比較して無駄な経費を使用していないため低価格が実現できています。

調査員派遣を必要としない基本パックプランの存在

当社の基本パックでは「調査員が測定にお伺いする」工程を省くことによって(もちろん調査員派遣プランも承っております)人件費を大幅に削減しています。また、調査員による測定を割愛することによって、基本パックでは騒音計を長期間お手元においていただき、測定時間、調査時間を長く、そして自由に調整していただくことを可能としました(通常他社では当然調査員がいる間しか測定できません)。

「まずは見積もり」にご注意

下記の表は当社と一般的な騒音測定業者(他社)の価格の比較です。
騒音計測料金他社との比較 調査料金が安い理由

例えば騒音測定業者のA社では騒音計の表示値を口頭で報告するサービス(測定時間は約1時間、報告書なし)でホームページには80,000円からと記載されています。実際に調査を依頼すると基本料金は8万円の他に交通費、宿泊費、機材使用費等が加算され合計17,8万円となります。
B社の場合は交通費、宿泊費に加えて機材使用費、解析費用、報告書作成費用等が加算され、合計で31.8万円の料金になります。

このように一件そんなに高くなさそうに見えても実際の見積もりとなるとさまざまな費用が加算され最終的には基本料金の2倍弱の見積もりになることが少なくありません。ホームページなどに
「まずはお問い合わせください、詳細の見積もりは条件によって変わります」
といった記載のある業者は費用が高くなると考えた方が良いでしょう。


低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

その他のコンテンツ

リンク

リンク

問い合わせリンク