騒音解析報告書 1024x175 騒音解析報告書

騒音計で測定した結果を当社にて解析し、「騒音解析報告書」を作成いたします。騒音解析報告書は騒音調査の結果を表す大切な書面です。このページでは当社の騒音解析報告書の内容例を紹介いたします。尚、当社では報告書の内容はお客様のご要望をお聞きし、最適な形式なものを作成、提出させていただいております。

 ↓↓騒音解析報告書をダウンロード(pdf形式)

騒音解析報告書サンプル 騒音解析報告書

■普通騒音_環境基準評価_サンプル報告書(クリックでダウンロード)

■方向推定_普通騒音計2台_サンプル報告書(クリックでダウンロード)

■低周波音評価_サンプル報告書(クリックでダウンロード)

■複合調査_調査員派遣_サンプル報告書(クリックでダウンロード)

報告書の内容例

*代表的な報告書の内容例です。
*お客様のご要望によって内容は多少異なります。

1.概要

騒音解析の目的、騒音解析結果の概要を記載します。調査の概要にあたる部分です。

2.測定条件

騒音を調査した条件を記載します。具体的には測定場所・測定位置・測定日時定などの項目を記載します。
なお、「測定場所」に関してはご要望が無ければプライバシー保護の観点から基本的には伏せさせていただいております。

3. 測定機器と設定

測定に用いた騒音計の型式及び騒音計の設定情報を記載します。これは使用する騒音計によって、また設定内容によって結果の再現性にばらつきが発生する可能性があるためです。

4.測定結果

以下のような測定結果及び解析結果を報告します。
・測定期間中の騒音値の経時変化グラフ
・測定期間中の受忍限度を超える騒音値の数
・受忍限度を超える騒音の音質
・測定期間中の最大騒音値
・測定期間中の平均騒音値
・測定期間中の受忍限度を超える騒音値の発生日時
・(低周波音の場合)周波数解析結果 他

*お客様の報告、ご要望に基づき作成させて頂きます。
*ご希望のお客様には、報告書に等価騒音レベルの記載も行なっています(>>等価騒音レベルとは)。

5. 受忍限度の根拠

今回調査した騒音値が受忍限度を超えるものか否かを判断した基準を記載します。基本的には環境法における環境基準における地域の類型別の騒音値を判断の根拠としています。


低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

その他のコンテンツ

リンク

リンク

問い合わせリンク