騒音トラブル事件簿

近年騒音トラブルを発端とする傷害事件や殺人事件が頻発しています。注目しなくてはならないのは必ずしも騒音被害者(騒音に迷惑している側)が加害者とは限らず騒音加害者(騒音を発生させている側)が加害者となる事件が散見されることです。
騒音被害者が事件の被害者になる場合の多くは「騒音を注意・警告したことへの逆切れ」によるものです。「騒音加害者(騒音を発生させている人)に直接苦情や警告」をすることは非常にリスクが高いと認識しなくてはなりません。

このような事件に巻き込まれないためには自分自身で直接警告するのではなく、騒音の調査結果や測定結果をもとに書面で警告したり、管理会社や警察などに相談して間接的に警告してもらう必要があります。

加害者が騒音加害者(騒音を発生させている側)の事件

 

被害者が騒音加害者(騒音に迷惑している側)の事件


低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

その他のコンテンツ

リンク

リンク

問い合わせリンク