Topics

コンクリート造の家の解体工事に伴う騒音の特徴とその対策方法

コンクリート造の家の解体工事に伴う騒音の特徴とその対策方法

家の解体工事に伴う騒音の特徴

建築工事には、騒音・振動・ほこりなどがつきものであり、それを避けることはできません。しかし、施工業者は被害をできるだけ減らし、周辺住民の生活に影響をなるべく与えないよう、細心の注意を払い、その防止手段を講じる必要があります。

どのように解体工事に伴う騒音に対応するべきか

 事前に周辺住民に対し、工事の規模・日程・作業時間などの予定を住民周知し、予定の変更や特に大きな音の出る作業を行うときは、その都度、ビラを配布する。
 工事現場責任者の連絡先を明らかにし、苦情があった場合は、速やかに対処する
 騒音・振動発生の少ない低騒音型の重機を使う
 防音シート・パネルなどで出入り口および現場周辺を囲む
 大きい音の出る作業は、必要最低限都市、一度に機械を難題も使用しない。
 丁寧な作業を心がける
 工事用車両の荷物の積み下ろし作業時にはエンジンを切る

代表的な解体工事騒音に対する相談/苦情内容

もっとも代表的な苦情は下記のようなものです。
「家の前でコンクリート造りの家の解体工事をしていて、騒音と振動がひどい。防音に関して何もしていない。もっと静かに作業できないか。」
もっとも代表的な苦情は下記のようなものです。

コンクリート造の家の解体工事騒音の実例