Topics

トラックの荷物の積み下ろし・店舗への搬入騒音の特徴とその対策方法

トラックの荷物の積み下ろし・店舗への搬入騒音の特徴とその対策方法

荷物の積み下ろし・搬入騒音の特徴

住宅街の中にある商店は、夜遅くまで営業しているところも多いため、納品が深夜早朝になることが多いようですが、まわりが静かな時間帯は、音が反響し大きく聞こえ、周囲の人にとっては深刻な問題です。周囲の状況を考え、住宅に迷惑のかからないよう、十分検討し、配慮することが事業者の責任です。
 また、商店に限らず、自動車駐車場、宅急便の配送所など車が多数出入りする場所に、同様の苦情が多く寄せられています。

付近の住民に迷惑をかけないための積み下ろし騒音の対策方法

 搬入時間を変更する
 隣家との境界には堀を設置したり、樹木を植えるなどして、音が漏れるのを防ぐ。
 看板を立てるなどし、運転手のマナーを徹底させる
 静かで丁寧な積み下ろし作業を行う
 自動車のドアの開閉を静かに行う
 アイドリングストップを守る
 駐車場での会話は必要最小限とし、大声は出さない

トラックの荷物の積み下ろしに関する代表的な相談/苦情内容

もっとも代表的な苦情は下記のようなものです。
「近くのスーパーで、夜中や早朝に大型車が来て、荷物の積み下ろしや搬入を行っており、とてもうるさい。睡眠の邪魔になり、非常に迷惑している。もっと静かにできないか。」

搬入騒音の実例


関連記事