Topics

マンションの生ごみ処理機(ディスポーザー)からの騒音と悪臭について不動産会社を提訴

マンション屋上にある生ごみ処理機(ディスポーザー)の排気口から出る悪臭が原因で部屋に住み続けられないとして、大阪市城東区の会社員の男性(53)が売り主の不動産会社(神戸市)に対し、約5800万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしたことが16日、分かった。

男性側は「悪臭についてなんの説明もなかった」と不動産会社の過失を主張している。

http://news.livedoor.com/article/detail/12806283/

上記ニュースではディスポーザー事態が屋上にあるように表現されていますが、実際には各戸の排気口が屋上に設置されているようです。

今後ディスポーザー(生ごみ処理機)に関する騒音、悪臭問題が増加する可能性

ディスポーザーは平成10年ごろから徐々に国内でも普及し27年度に着工された分譲マンション約11万戸のうちディスポーザー(協会登録メーカー分)が設置されたのは約4万戸、つまり役40%のマンションでディスポーザーが設置されていることになります。今まではあまり表面化してこなかったディスポーザーに関する騒音、悪臭問題ですが、数が増えていることに加え、今後配管をはじめとする設備の老朽化が進み、課題や問題が表面化するかもしれません。

騒音と悪臭は、目に見えない、人によって感じ方が異なる問題

騒音問題と悪臭問題は「目に見えない」「人によって感じ方が異なる」という点で非常に似通っています。ある人にとっては何でもない臭いや音が、敏感な人にとっては耐え難いものとなります。このように人によって感じ方が異なるものであるがゆえに、それぞれ定量的な基準値が設けられています。騒音はデシベル(db)、悪臭は臭気指数によって閾値が設けられており、これらの基準を超える値は「耐え難い」とされるわけです。

問題を回避するためには事前調査の選択肢も

分譲マンションの場合、一度購入してしまうと、引っ越すのは容易ではありません。新築マンションの場合難しいこともありますが、騒音や悪臭問題を回避するために、購入前に騒音や悪臭の測定や調査をする場合もあります。

このニュースに関する口コミ


 


関連記事