Topics

騒音訴訟と証明責任

騒音トラブルを解決する方法として、管理会社や警察及び本人に直接アプローチしても解決しない場合、最終的には訴訟を起こす場合があります。
裁判をする場合に忘れてはいけないのが証明責任(挙証責任、立証責任とも言われます)です。
証明責任とは裁判の際に裁判官が判断するために必要な根拠となるもので、客観的な確からしさが求められます。
騒音問題の場合は騒音を発生させている人が対象者になりますが、もしあなたがどんなにその人から騒音が発生していると訴えたところで、第三者は客観的に判断することはできません。
そこで一般的には「何時、どこで、どうやって騒音値を測定したらこのような値だった」といった第三者が騒音被害を受けていると確信できるような客観的なデータの提出が必要になります。


関連記事