電子機器商社様、物流倉庫におけるシャッター開閉時の作業音に関する音圧レベル測定と騒音分析

1.報告概要

株式会社○○○○のご依頼により、騒音計による測定が行われ、騒音値の解析を行なった。

2.測定条件

2-1.測定日時
・平成○○○○日14:05:00から16:55:00
・平成○○○○日8:05:00から16:50:00
・平成○○○○日8:05:00から12:55:00
2-2.測定場所
大阪府大阪市○○○○:1F倉庫内中央
大阪府大阪市○○○○:1F倉庫西側シャッター付近

3.測定機器と設定

・精密騒音計2
周波数重み特性:A特性
時間重み特性:FAST¥
サンプリングレート:1sec

4.測定結果 一般騒音計

以下に測定された騒音値の経時変化をグラフに示す。なお、大阪府大阪市○○○○は準住居地域であり、大阪市の騒音に係る規制基準は、
・6時から8時:50 dB
・8時から18時:55 dB
・18時から21時:50 dB
・21時から翌6時:45 dB
となる。また、以下の結果に示すグラフでは、
・赤:1F倉庫内中央における測定結果
・青:1F倉庫西側シャッター付近における測定結果
を示している。

4-1.○○○○日昼間の測定結果
(14:05:00から16:55:00まで)
050516 0036 1 電子機器商社様、物流倉庫におけるシャッター開閉時の作業音に関する音圧レベル測定と騒音分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化
注)
縦軸:音圧(dB)
横軸:時間(期間)

・この測定期間中の測定最大値は、
1F倉庫内中央:16:13:09に発生した101.9 dB
1F倉庫西側シャッター付近:16:13:09に発生した103.9 dB
であった。

・この測定期間中の等価騒音レベルは、
1F倉庫内中央:74.0 dB
1F倉庫西側シャッター付近:75.8 dB
であった。

・この期間の測定最大値及び等価騒音レベルはいずれも基準値を超過している。

4-2.○○○○日昼間の測定結果
(8:05:00から16:50:00まで)
050516 0036 2 電子機器商社様、物流倉庫におけるシャッター開閉時の作業音に関する音圧レベル測定と騒音分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化
注)
縦軸:音圧(dB)
横軸:時間(期間)

・この測定期間中の測定最大値は、
1F倉庫内中央:15:38:23に発生した99.8 dB
1F倉庫西側シャッター付近:9:48:26に発生した99.7 dB
であった。

・この測定期間中の等価騒音レベルは、
1F倉庫内中央:71.3 dB
1F倉庫西側シャッター付近:74.3 dB
であった。

・この期間の測定最大値及び等価騒音レベルはいずれも基準値を超過している。

4-3.○○○○日昼間の測定結果
(8:05:00から12:55:00まで)
050516 0036 3 電子機器商社様、物流倉庫におけるシャッター開閉時の作業音に関する音圧レベル測定と騒音分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化
注)
縦軸:音圧(dB)
横軸:時間(期間)

・この測定期間中の測定最大値は、
1F倉庫内中央:10:57:05に発生した109.7 dB
1F倉庫西側シャッター付近:8:49:00に発生した122.7 dB
であった。

・この測定期間中の等価騒音レベルは、
1F倉庫内中央:76.1 dB
1F倉庫西側シャッター付近:81.4 dB
であった。

・この期間の測定最大値及び等価騒音レベルはいずれも基準値を超過している。

050516 0036 4 電子機器商社様、物流倉庫におけるシャッター開閉時の作業音に関する音圧レベル測定と騒音分析
図.結果4-1グラフ拡大図

050516 0036 5 電子機器商社様、物流倉庫におけるシャッター開閉時の作業音に関する音圧レベル測定と騒音分析
図.結果4-2グラフ拡大図
050516 0036 6 電子機器商社様、物流倉庫におけるシャッター開閉時の作業音に関する音圧レベル測定と騒音分析
図.結果4-3グラフ拡大図

5.結論

 騒音値グラフ及び各期間の最大音圧、等価騒音レベルを第4章に記載したが、測定最大値及び等価騒音レベルは全ての期間において、大阪市が定める騒音の規制基準を超過していることが明らかになった。結果におけるそれぞれのグラフでは倉庫内の音圧の上下と倉庫外の音圧の上下が類似する点が多数見られるため、倉庫内の作業音が倉庫外にある程度の音圧となって伝わっていることが考えられる。
ただし、結果4-2、4-3の12:00:00~13:00:00からわかるように1F倉庫内の音圧が極端に低い場合でも、1F倉庫西側シャッター付近では高い音圧が測定されている。このことから、当該測定地点の近隣では元々高い音圧(80 dB前後)が発生していることが予想されるため、倉庫内作業による音圧によって、必ず騒音が発生しているとは言い難い。
結果中の全てのグラフから、外部騒音と倉庫内の騒音では外部の音圧が高い場合も多々見られるため、当該地点での作業には細心の注意を払う必要があるとはいえる。

6.受忍限度の根拠

6-1.環境基本法・環境基準
●騒音に係る環境基準 (H10.9.30環境庁告示第64号、H12.3.31東京都告示第420号))
6-2.判例

東京地裁  平成6.5.9 判例時報1527号116 .
東京地裁 昭和 63.4.25 判例時報 1274号-49
甲府地裁都留支部昭和63・2・26(判例時報1285号119)
京都地裁平成4・11・27(判例時報1466号126~)
福岡高裁那覇支部平成22・7・29(判例時報2091号162)


低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

その他のコンテンツ

リンク

リンク

問い合わせリンク