建設会社様_特定建設作業から発生する騒音測定と、基準値と測定データの比較分析

1.報告概要

○○○○様の依頼により、騒音計において測定された騒音値(音圧)を解析した。

2.測定条件
2-1.測定場所
千葉県○○○○

2-2.測定日時
平成○○○○日6:00:00から平成○○○○日20:00:00

3.測定機器と設定

・精密騒音計
周波数重み特性:A特性
時間重み特性:FAST
サンプリングレート:1sec

4.測定結果

以下に測定された騒音値の経時変化をグラフに示す。また、測定が行われた期間における等価騒音レベルを示す。グラフはその全てにおいて縦軸がdB、横軸が時間を表している。また、測定地点における基準値は○○○○市の用途地域の区分上、指定外地域に属すると考えられる(○○○○の大部分の地域が指定外となるため)。従って、○○○○市環境条例より、測定場所における基準値は
・6時から8時:55dB
・8時から19時:60dB
・19時から22時:55dB
・22時から翌6時:50dB
と考えられる。尚、特定建設作業の規制基準値は85dBとなるため、測定値とこれらの値との比較も記載する。

4-1.全期間における測定結果(○○○○日6時から20時)
050116 0804 11 建設会社様 特定建設作業から発生する騒音測定と、基準値と測定データの比較分析
図:騒音レベル(dB)の経時変化

・全期間の等価騒音レベルは49.2dBであった。
・全期間の等価騒音レベルは○○○○市の指定外地域におけるいずれの時間帯の基準値も超過していない。
・全期間の等価騒音レベルは特定建設作業の規制基準値を超過していない。

4-2.6時から8時における測定結果
050116 0804 21 建設会社様 特定建設作業から発生する騒音測定と、基準値と測定データの比較分析
図:騒音レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは45.1dBであった。

・この期間における等価騒音レベルは○○○○市の指定外地域における6時から8時の基準値を超過していない。
・この期間の等価騒音レベルは特定建設作業の規制基準値を超過していない。

4-3.8時から19時における測定結果
050116 0804 31 建設会社様 特定建設作業から発生する騒音測定と、基準値と測定データの比較分析
図:騒音レベル(dB)の経時変化

・この期間中の等価騒音レベルは46.3dBであった。
・この期間における等価騒音レベルは○○○○市の指定外地域における8時から19時の基準値を超過していない。
・この期間の等価騒音レベルは特定建設作業の規制基準値を超過していない。

4-4.19時から20時における測定結果
050116 0804 41 建設会社様 特定建設作業から発生する騒音測定と、基準値と測定データの比較分析
図:騒音レベル(dB)の経時変化

・この期間中の等価騒音レベルは58.1dBであった。
・この期間における等価騒音レベルは○○○○市の指定外地域における19時から22時の基準値を3.1dB超過している。
・この期間の等価騒音レベルは特定建設作業の規制基準値を超過していない。

050116 0804 51 建設会社様 特定建設作業から発生する騒音測定と、基準値と測定データの比較分析
図. 4‐1グラフ拡大図

050116 0804 61 建設会社様 特定建設作業から発生する騒音測定と、基準値と測定データの比較分析
図. 4‐2グラフ拡大図

050116 0804 71 建設会社様 特定建設作業から発生する騒音測定と、基準値と測定データの比較分析
図. 4‐3グラフ拡大図

050116 0804 81 建設会社様 特定建設作業から発生する騒音測定と、基準値と測定データの比較分析
図. 4‐4グラフ拡大図

5.結論

 上記結果により、各測定期間における等価騒音レベルは、ほぼ指定外地域の基準値を超えておらず、特定建設作業の規制基準値を上回る期間は存在しなかった。この結果から、各測定期間において定常的な騒音の発生は認められない。
ただ、4-4結果を見てわかるように、19時から20時の測定結果では、指定外地域の基準値をわずかに超過している期間も見られる。このため当該時間帯には幾ばくかの注意の必要はあると考えられる。

6.受忍限度の根拠

6-1.環境基本法・環境基準
騒音に係る環境基準(H10.9.30 環境庁告示第64号、H12.3.31東京都告示  第420号)

6-2.判例
東京地裁  平成6.5.9 判例時報1527号116 
東京地裁 昭和 63.4.25 判例時報 1274号-49


低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

その他のコンテンツ

リンク

リンク

問い合わせリンク