商業地域立地分譲マンションにおける音圧レベルの測定及び受忍限度を基準とした騒音の分析

1.報告概要

○○○○株式会社の依頼により騒音計において測定した騒音値を解析した。本解析によって、測定地点において環境基本法における騒音に関する環境基準を大きく超える騒音、すなわち受忍限度を超える騒音が発生していたことが明らかになった。各種法令によって受忍限度を超える騒音の発生は規制されており、騒音発生の抑止が望まれる。

2.測定条件

2-1.測定場所
詳細は依頼者プライバシー保護のため未公開。

2-2.測定日時
○○○○日19:51:07~○○○○日05:38:02

3.測定機器と設定

・普通騒音計 
周波数重み特性:A特性
時間重み特性:FAST
サンプリングレート:1sec

4.測定結果

以下に、測定が行われた全期間における、瞬時値(音圧レベル)のグラフ、
基準値を超える期間の総数、等価騒音レベルを示す。グラフは、その全てに
おいて縦軸はdB、横軸は時間を表している。
尚、測定地点における基準値は、千葉市の用途地域の区分上、商業地域に
属する。したがって千葉市の環境基準より、測定場所における午前6時から
午後10時までの基準値は60dB以下、午後10時から午前6時までの基準値
は50dB以下となる。

4-1.全期間の測定結果
(○○○○日19:51:07から○○○○日05:38:02まで)
043016 0826 1 商業地域立地分譲マンションにおける音圧レベルの測定及び受忍限度を基準とした騒音の分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の瞬時値最大値は○○○○日20:07:39に発生した69.8dBであった。
・この期間において基準値を超えた期間は121459期間存在した。
・この期間の等価騒音レベルは66.7dBであった。

4-2.○○○○日の測定結果
(○○○○日19:51:07から○○○○日22:00:00まで)
043016 0826 2 商業地域立地分譲マンションにおける音圧レベルの測定及び受忍限度を基準とした騒音の分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・測定期間中の音圧と基準値の比較のグラフとなる。

・上記グラフより、大多数の期間において基準値以上の音圧が測定されている
ことが読み取れる。

043016 0826 3 商業地域立地分譲マンションにおける音圧レベルの測定及び受忍限度を基準とした騒音の分析
図.4-1グラフ拡大図

043016 0826 4 商業地域立地分譲マンションにおける音圧レベルの測定及び受忍限度を基準とした騒音の分析
図.4-2グラフ拡大図

5.結論

上記結果より、各測定期間における等価騒音レベルは基準値を超えている上、瞬時値において基準値を上回る期間が多数存在したといえる。これらの結果から、各測定期間において、定常的かつ瞬間的、また突発的な騒音の発生が認められる。受忍限度を超える騒音は規制の対象であるため、早急な対処が望まれる。


低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

その他のコンテンツ

リンク

リンク

問い合わせリンク