公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析

1.報告概要

○○○○様のご依頼により、○○○○公園内外の複数箇所において騒音の測定が行われ、測定値の解析を行なった。

2.測定条件

2-1.測定日時
○○○○日から○○○○日
2-2.測定場所
鶴見緑地公園内外における以下の①地点、②地点、③地点、④地点
①:○○○○公園内部、フットサル場正門
②:○○○○公園内部、フットサル場洗濯機横
③:○○○○公園外部、居住区の宅内、宅外
④:○○○○公園外部、公営住宅9階踊り場

3.測定機器と設定

・普通騒音計 
周波数重み特性:A特性
時間重み特性:FAST
サンプリングレート:1sec

4.測定結果

以下に、測定が行われた各期間における、騒音が発生した期間中の瞬時値
(音圧レベル)のグラフ、等価騒音レベルを示す。尚、上記測定地点はそれ
ぞれ、第1種住居地域に属するため、基準値は、
・昼間(午前6時~午後10時):55dB以下
・夜間(午後10時~午前6時):45dB以下
となる。
また、○○○○日から○○○○日におけるフットサル場の営業時間は以下の
通りである。
・○○○○日16:00:00営業開始
・○○○○日01:00:00営業終了

このため、以下の測定結果における各時間帯の特徴は、
・○○○○日15:35:00~16:00:00…営業開始前1時間のデータ
・○○○○日16:00:00~17:00:00…営業開始後1時間のデータ
・○○○○日21:30:00~22:30:00…営業ピーク帯1時間のデータ
・○○○○日00:00:00~01:00:00…営業終了前1時間のデータ
・○○○○日01:00:00~02:00:00…営業終了後1時間のデータ
となっている。
尚、フットサル場内部に設置した①、②騒音計における瞬時値最大値は
21:47:00頃に発生した77.7dBであった。

4-1.○○○○日の①地点における昼間の測定結果
(15:35:00から16:00:00まで)
050116 0017 1 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは60.8 dBであった。

4-2.○○○○日の①地点における昼間の測定結果
(16:00:00から17:00:00まで)
050116 0017 2 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは56.6 dBであった。

4-3.○○○○日の①地点における昼間から夜間にかけての測定結果
(21:30:00から22:30:00まで)
050116 0017 3 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは57.6dBであった。

4-4.○○○○日の①地点における夜間の測定結果
(00:00:00から01:00:00まで)
050116 0017 4 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは56.5dBであった。

4-5.○○○○日の①地点における夜間の測定結果
(01:00:00から02:00:00まで)
050116 0017 5 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは56.6dBであった。

4-6.○○○○日の②地点における昼間の測定結果
(15:35:00から16:00:00まで)
050116 0017 6 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは57.2 dBであった。

4-7.○○○○日の②地点における昼間の測定結果
(16:00:00から17:00:00まで)
050116 0017 7 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは57.9 dBであった。

4-8.○○○○日の②地点における昼間から夜間にかけての測定結果
(21:30:00から22:30:00まで)
050116 0017 8 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは55.2dBであった。

4-9.○○○○日の②地点における夜間の測定結果
(00:00:00から01:00:00まで)
050116 0017 9 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは53.0dBであった。

4-10.○○○○日の②地点における夜間の測定結果
(01:00:00から02:00:00まで)
050116 0017 10 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは49.1dBであった。

4-11.○○○○日の③地点における昼間の測定結果
(15:35:00から16:00:00まで)
050116 0017 11 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは34.4 dBであった。

4-12.○○○○日の③地点における昼間の測定結果
(16:00:00から17:00:00まで)
050116 0017 12 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは34.5 dBであった。

4-13.○○○○日の③地点における昼間から夜間にかけての測定結果
(21:30:00から22:30:00まで)
050116 0017 13 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは34.9dBであった。

4-14.○○○○日の③地点における夜間の測定結果
(00:00:00から01:00:00まで)
050116 0017 14 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは39.7dBであった。

4-15.○○○○日の③地点における夜間の測定結果
(01:00:00から02:00:00まで)
050116 0017 15 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは38.4dBであった。

4-16.○○○○日の④地点における昼間の測定結果
(15:35:00から16:00:00まで)
050116 0017 16 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは51.4 dBであった。

4-17.○○○○日の④地点における昼間の測定結果
(16:00:00から17:00:00まで)
050116 0017 17 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは52.2 dBであった。

4-18.○○○○日の④地点における昼間から夜間にかけての測定結果
(21:30:00から22:30:00まで)
050116 0017 18 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは52.9dBであった。

4-19.○○○○の④地点における夜間の測定結果
(00:00:00から01:00:00まで)
050116 0017 19 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは51.1dBであった。

4-20.○○○○日の④地点における夜間の測定結果
(01:00:00から02:00:00まで)
050116 0017 20 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは50.8dBであった。

4-21.○○○○日から○○○○日にかけての③地点の全測定結果
(○○○○日19:00:00から○○○○日03:00:00まで)
050116 0017 21 公園(運動施設・テーマパーク)における敷地外へのもれ騒音の測定と受忍限度を基準とした分析
図:音圧レベル(dB)の経時変化

・この期間の等価騒音レベルは43.9 dBであった。

・この期間に居住者が騒音計に近づいたため77.7dBをはるかに上回る値が
測定されていた。このため77.7dBを上回る値の前後1分~3分は騒音と
の区別のため除外している。

5.結論

上記結果より、④地点において基準値を超える値は出ているが、この結果はフットサル場の営業時間の前後においても同様であるため、フットサル場との関連はほぼ皆無と考えられる。また、その他のいずれの期間の等価騒音レベルも基準値を超えていないことが確認できる。
加えて、上記の瞬時値最大値である77.7dBを記録した21:47:00頃のグラフを見てわかる通り、③地点のグラフと④地点のグラフに突出した部分は見られない。
以上より、今回の測定対象である○○○○公園の内部、及び外部において、
騒音の発生は確認できないといえる。

6.受忍限度の根拠

6-1.環境基本法・環境基準
騒音に係る環境基準 (H10.9.30環境庁告示第64号、H12.3.31東京都告示
第420号)

6-2.判例
東京地裁  平成6.5.9 判例時報1527号116 .
東京地裁 昭和 63.4.25 判例時報 1274号-49


低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

その他のコンテンツ

リンク

リンク

問い合わせリンク