音源の数と騒音の大きさの関係

騒音の発生源の数が増えると(例えば同じ大きさの鳴き声の犬が複数率いる場合)騒音の大きさはどのように大きくなるでしょうか。単純に考えると発生源の数が2倍になれば騒音の大きさも2倍になるように思われますが、実際にはそうはなりません。
音源の数がn倍になったときの音圧レベルの増加量は10×log10(n)で求めることができます。下記のグラフは、発生源の数nに対する騒音の増加量の一例です。例えば犬一匹の吠える声の音圧レベルが55db(デシベル)なら二匹の場合は110db(デシベル)ではなく、58db(デシベル)、100匹の時に75db(デシベル)となります

騒音源の数と騒音の大きさ 音源の数と騒音の大きさの関係


低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

その他のコンテンツ

リンク

リンク

問い合わせリンク