【検証】騒音計アプリでスマホが騒音計に?騒音計アプリの精度比較レビュー。おすすめのアプリは?

騒音計アプリを検証した理由

当社では日々騒音に関する課題や相談、お問い合わせを頂戴しますが、近年下記のようなお問い合わせを頂く機会が増えました。

「騒音計アプリって使えますか?」
「アプリで測定したけどこのデータは信頼できますか?」
「どのアプリが一番精度が良いと思いますか?」

このような質問にはいつも「ごめんなさい。実際に使用したことがないのでわかりませんが、校正された測定器ではないので、信頼性という意味では低いのではないでしょうか」と、何とも歯切れの悪い回答をしていました。騒音のプロとしてこれではいけないと思い立ち、このたび検証をしてみることにしました。

どのように検証したか(検証方法)

□用意したもの

①騒音計 NL-22/リオン
②騒音系アプリ 10個(いずれもアンドロイドのアプリ、「騒音」で検索して上位に表示されたものを選びました)
051916 0025 1 【検証】騒音計アプリでスマホが騒音計に?騒音計アプリの精度比較レビュー。おすすめのアプリは?

□検証の方法


動画のように周波数の代わる音源を対象にして、「暗騒音(音が出ていない状態)」および、周波数低(100Hz程度)、中(1000Hz程度)、高(5000Hz程度)において、騒音計(NL-22)とそれぞれのアプリで音圧を測定しました(周波数帯についてはあまり正確ではありませんが、重要なのは騒音計との差ですので、ご勘弁ください)。
さらにそれぞれ測定したデータについて「騒音計で測定した値」と「アプリで測定した値」の差を取ることで、アプリの測定精度を検証いたしました。

□検証結果(騒音計アプリ精度ランキング)

評価の結果を精度の高いランキング順に下記表にまとめました。今回の検証実験ではデシベルメーター騒音計/AGI Applicationsというアプリがもっとも精度の高いアプリであることがわかりました。

rank

アプリ名

会社名

測定値の差(RION測定値-アプリ測定値) (db)

暗騒音

低周波域

中周波域

高周波域

絶対値の平均値

1 デシベルメーター騒音計 AGI Applications

4.0

-5.6

-3.4

14.9

7.0

2 騒音チェッカー 株式会社よつば鑑定

-10.8

-12.5

-4.9

8.9

9.3

3 Sound Meter PRO Mobile Essentials

5.1

-2.8

13.5

17.8

9.8

4 騒音測定器 : Sound Meter Simple Grace Jo

8.7

-0.9

16.3

21.3

11.8

5 騒音測定器 : Sound Meter Simple Grace Jo

6.2

7.4

16.1

18.6

12.1

6 サウンドメーター NETIGEN Utilities

3.4

6.1

24.6

19.1

13.3

7 騒音測定器 : Sound Meter Smart Tools co.

-4.4

1.9

21.0

29.5

14.2

8 デシベル計 [騒音メーター/測定] TACOTY APP

-2.1

2.4

22.6

32.7

15.0

9 騒音測定器 Abc Apps

12.0

4.3

14.6

44.5

18.9

10 サウンドメーター KHTSXR

12.8

7.1

16.4

46.9

20.8

 

検証実験をしてわかったこと

①もっとも精度の高いアプリでも誤差(絶対値の平均値)は7.0dbと、大きい
>計量法において器差は±1.5dbとされているので、これに比べると非常に大きい
>特に周波数が上がると誤差は非常に大きくなる傾向がある

②騒音計アプリはおおむね騒音計よりも音圧が小さく測定される
>つまり実際の騒音よりも静かに測定されるため、被害者にとっては不利になる

③スマホのマイクは指向性が高い
>スマホのマイクは(おそらく声以外の雑音を排除するために)指向性が高く、向ける方向によって測定値が変わるため、音源によっては、あるいは設置方向が不適切な場合、適切に測定できない

④重みづけ特性の設定や確認ができない
>少し専門的な話ですが、通常生活騒音を測定する場合には、下記のような特性設定を行いますが、アプリではこれらを設定できず、また確認をすることができません
>>周波数重みづけ特性A(人間の感覚値と近づけるための補正)、
>>時間重みづけ特性Fast

まとめ

最も精度の高いアプリでも非常に大きい測定誤差があるため、騒音計アプリは、音圧(騒音)の絶対値を測定する、つまり受忍限度を超えているか否かを測定するのは難しいといえそうです。スマホアプリはあくまでも相対的な騒音の大きさ(音が大きくなったとか、小さくなった等)を簡易的に把握するためのツールという位置づけになりそうです。
また、多くの場合、スマホアプリでの測定は実際の測定値よりも小さく表示されるようです。したがって、アプリで測定して音圧レベルが低いからと言って(特に高周波域の場合)かならずしも受忍限度を下回っている、つまり騒音が発生していないとは言えないことに注意が必要です。

もっと技術が進歩して誰もが簡単にスマホで正確な音圧が測定できるようになると良いですね。


低周波音とは
法人・事業所・各種団体様
騒音訴訟と判例 騒音トラブル事件簿

その他のコンテンツ

リンク

リンク

問い合わせリンク